アメリカで子育て

アメリカの学校のバレンタイン事情!プリスクールではチョコ交換をするのか!?

アイキャッチ画像アメリカの学校のバレンタイン

今日はアメリカのバレンタイン事情、学校編です。

日米でのバレンタイン文化の違いは前回こちらの記事でもご紹介しています。

アイキャッチ画像のアメリカのバレンタイン
アメリカのバレンタインの定番は?日本とは真逆の文化と2019年おすすめのギフト!アメリカのバレンタインの定番とは!?日本とは真逆!驚きのバレンタイン文化を紹介しています。日米での違いをリサーチ。今からでも間に合う2019年にお勧めのバレンタインギフトをピックアップしました。...

今回はアメリカの幼稚園(プリスクールやキンダー)や小学校では毎年どんなことが行われているのか。

どんなギフトを用意すればいいのかを具体的にピックアップしていきます!

 

アメリカの子供達のバレンタイン

アメリカのバレンタインは男性から女性へギフトを贈るので、女性にとってはとても嬉しい一日。

日本の準備に追われるバレンタインとは違い、もらえる側というのは楽ですよね(笑)

ただ、子供達のバレンタインとなるとまた少し事情が違います。

保護者にとっては少し準備が大変かも…。

プレゼントは全員に用意する

プレゼントは全員に用意する!

ここが一番重要なポイントです。

私が子供の頃は仲のいい友達同士でチョコを交換した記憶があります。

アメリカの場合は男女関係なくクラス全員分のギフトを用意する必要がありますので気をつけましょう。

特定の人に渡すのはトラブルの原因になります。

 

ギフトの定番はこれ!

日本ではチョコレート交換をしますが、アメリカではバレンタインカードやキャンディーなどが主流になります。

クラス全員に用意するのは大変!と思いがちですが、ギフトはちょっとしたもので大丈夫。

この時期になると子供達が交換するバレンタイン用の商品が店頭に並びます。

  • バレンタインカード
  • キャンディー
  • スナック
  • 鉛筆や消しゴムなど
たくさんの種類の中から気に入ったものを選ぼう!

 

バレンタインカード

WalmartやTarget、ドラックストアなどのバレンタインコーナーをチェックしましょう!

一箱$2、$3くらいでいろんなキャラクターのカードが販売されています。

中にはシールやタトゥーシール・文房具などが入っており、一つずつ切り取って渡せるようになっています。

だいたい25〜30人分ぐらい入っているので1、2箱買えばクラス分が用意できると思います。

カードには自分の名前と友達の名前が書けるようになっているよ!

『From』の所に自分の子供の名前を書くようにしましょう。

『To』の部分には何も書かなくてもOK!

もしくは、『My friend』と書いてもいいです。

名前が書ける年齢の子は自分で頑張って書いてるよ♪

我が家も数日前から少しずつ名前を書く作業をさせていますが、これが一番大変かも(笑)

もちろん親が書いても問題ありません。

ギフトをまとめて袋に入れて学校へ持っていくと、先生がクラス全員へ配ってくれます。

 

こんなお菓子も人気

キャンディーやプレッツェル、ミニマフィン、グミなどのお菓子も人気です。

お菓子の場合も子供の名前を書いて学校へ持っていきます。

この時期に売られているバレンタイン用のお菓子にはパッケージに名前を書く所があるので、そこに記入して持っていきましょう!

いろんなギフトをもらって子供達が帰ってくるので、開封するのを親子で楽しんでいます^ ^

数種類のお菓子や文具をグッディバック(小袋)に入れて可愛くラッピングしてくれる子もいますが、準備も大変ですしカードだけでも十分です。

費用を抑えたいときはDollar Treeで探してみるのもいいかもしれません。

学校でのバレンタインパーティー

学校によってはValentine’s Day Partyが行われることもあります。

お友達に『いつも仲良くしてくれてありがとう!』と伝える日です。

バレンタインにちなんだクラフトをやったり、カップケーキを食べたり、プレゼントを交換するよ!

こういったパーティーの日には学校側から服の色を指定されることもありますし、特別な指示がなくても女の子は赤やピンク、白などの可愛いワンピースを着て来る子が多いです。

あとは赤やハートのヘッドバンドやヘアゴムをつけてくる子も。

男の子も赤い服を着ている子がちらほらいますが、いつも通りの子が多いかな(笑)

先生たちもバレンタインのコーディネートで気合いを入れてくるので、学校全体がイベントを楽しむ雰囲気です。

カードボックスを作ろう!

バレンタインの時期に店頭に並ぶカードボックス。

お友達からもらったカードやお菓子を入れるための箱です。

学校で作ったり、宿題として家で作ってバレンタイン当日に学校へ持っていくこともあるよ♪

靴の箱やティッシュの箱をデコレーションして作ることもできますし、お店には専用のカードボックスキットも売られています。

クラス全員からもらったギフトを入れる箱なので、大人の靴が入るくらいの大きめのサイズがお勧めです。

蓋があると持ち帰って来るときに落とす心配がありません。

学校から帰ってくると、もらったギフトでいっぱいになったカードボックスを自慢げに見せてくれます。

注意しておきたいこと

アメリカの学校は地域によってかなり事情が違います。

バレンタインにギフトを持ってくることを禁止している学校もあれば、全員分持ってくるように指示がある学校も。

もちろん、「個人の自由にしてください」という学校もあります。

その為、たいていの場合は学校側からバレンタインに関する連絡があると思います。

もし指示がない場合は同じクラスのママや先生に直接確認をしましょう!

 

また、食べ物(お菓子)を禁止している学校もあります。

その場合はカードや文具のみを用意するのがいいでしょう。

アレルギーに関しても学校のルールでピーナッツは禁止されている学校が多いかと思います。

手作りのお菓子を許可している所、ダメな所があるから注意してね!

 バレンタイン準備ガイド

アメリカの学校のバレンタイン事情はいかがでしたか?

バレンタインの準備の流れを簡単にまとめてみました。

ポイント

1.バレンタインに関する学校のルールを確認する

2.クラスの人数を確認する

3.バレンタインカードやキャンディを用意する

4.子供の名前を書く

5.紙袋などにまとめて入れて当日に先生へ渡す

6.必要であればカードボックスを用意する

これでもうアメリカのバレンタインも怖くない!笑

お子さんと一緒に準備を楽しんでくださいね♡

幼稚園や小学校低学年まではこういったイベントで賑わう一方で、高学年になるにつれて個人個人でのイベントへと変化していくよ。

ティーン世代になると恋人同士でのイベントとして、大人と同じようにカップルで楽しむようになっていきます。

子供が小さいうちだからこそ楽しめるイベントでもありますね。

以上、アメリカの学校のバレンタイン事情でした。

Happy Valentine’s day!

ABOUT ME
nana
初めまして! ブログ管理人のnanaです。 アメリカ在住のアラサー主婦。 ちょっと人見知り。英語できない。家事も苦手。基本的にぼっちで自宅警備員やってます(笑)リアルなアメリカでの生活模様や教育での悩み、お得情報を共有したいと思ってブログを始めました。令和もよろしくお願いします!