アメリカ生活

【駐妻さんへ】アメリカ生活で辛くなったときに試してほしい6つのこと

アイキャッチ画像アメリカ生活に疲れたら

この記事は『アメリカ生活に疲れた』『アメリカ生活が辛くて日本に帰りたい』

そんな風に感じている方に向けて書いた記事です。

とくに駐在妻は自分の意思でアメリカに来た夫とは違うわけです。

アメリカ駐在に最初からノリノリだった奥様は少ないように思います。

夫の海外赴任が決まり、意を決しけて着いてきた人が殆どなのではないでしょうか?

少なくとも私はそうでした。

そして私自身も最初の一年は辛いことの方が多く、泣いて過ごすことが多かった。

自分の存在意義を見失い後悔する日々でした。

「何の為にアメリカについて来たんだろう?」

「わざわざ仕事を辞めて着いてきた意味があっただろうか」

そんな自問自答の繰り返し。

ですが、次第に気持ちが前向きになり、今ではこちらの生活も楽しめるようになりました。

自分の経験をもとにアメリカ生活を少しでも楽しく、楽な気持ちで過ごす方法

をお伝えしていきます。

アメリカ生活に疲れたときに試してほしい6つのこと

 

アメリカ生活に疲れた…。辛い…。

そんな人に伝えたいことが6つあります。

アメリカ生活を少しでも楽しく、楽な気持ちで過ごす為の方法です。

  1. 自分の気持ちに寄り添う
  2. 人と比べるのはやめて自分を受け入れる
  3. 小さなことを楽しみにする
  4. 小さな目標を立てる
  5. 気持ちを吐き出せる場所をつくる
  6. 心の支えになる言葉を思い出す

 

私の中ではこの6つがかなり重要でした。

生活の中で意識して過ごすと、気持ちが楽になりました。

1つでもいいので実践してもらえたら…

もしかしたらあなたの気持ちに変化が起こるかもしれません。

これらを3つ部門に分けて説明していきます。

 

気持ちのあり方

 

アメリカ生活に疲れた人に伝えたい6つのこと。

まずは気持ちのあり方、持ち方についてです。

海外生活のストレスで自分を責めてしまう人が多すぎると思います。

どうかもっと自分を大切にしてください。

自分の気持ちに寄り添う

『自分の気持ちに寄り添う』

これが私が海外生活を送る上で一番大事なことだと思っています。

自分の気持ちに寄り添う=自分の気持ちに正直になる

ということです。

英語、無理して頑張りすぎていませんか?

駐妻同士のお付き合い、無理して参加していませんか?

自分が本当は嫌なことを我慢してやって、自分にストレスをかけていませんか?

海外生活のストレスって思ったよりも精神的なダメージが大きいです。

自分が望んで来たならまだしも、旦那の仕事で着いてきて、『100%充実させる』って

そんなキラキラした人は一部だと思います。

もちろんパワフルに頑張ってる人もいますよ。

アメリカで仕事を始めたり、語学力を高めるために大学に行ってみたり。

毎日習い事やお茶会で予定を埋めて楽しそうにしている人もいます。

でも、そんな人たちが目立っているだけで、そうじゃない人も沢山います。

私の友人たちも一見とても楽しそうに、キラキラした生活をしているように見えます。

でもね…やっぱり自分の気持ちと戦っていますよ。

たまにぱったりと連絡がなくなって、久しぶりにメールしてみたら

「気持ちが落ち込んでいてしばらく家に引きこもっていた」なんてことを聞きます。

もちろん私だって同じような経験を何度もしてきました。

常に気持ちが明るいわけではありません。

自分の気持ちを奮い立たせて頑張っている人が大半です。

 

そのお付き合い必要ですか?

 

無理に人付き合いを頑張らなくてもいいです。

気持ちが向かないことを無理にするのはやめましょう。

数回断っただけで、離れていく人たちと仲良くする意味がありますか?

駐在期間中だけのお付き合いです。

ここは割り切って、自分の気持ちに負担をかけてまで人に合わせるのはやめましょう。

私も気持ちが向かないときは正直にお断りしました。

停滞期がずっと続くわけではありません。

また自分の気持ちが前向きになってきたら、今度は改めて自分から誘えばいいんです。

 

できない自分を責めていませんか?

 

語学学習も一緒です。

もちろん生活していくうえで、ある程度がんばる必要はあります。

でも頑張りすぎて気持ちが弱って塞ぎ込みがちになったら、頑張る意味ありますか?

それで毎日毎日暗い顔して過ごして、本当にアメリカ生活が楽しくなりますか?

英語を勉強することが自分への活力になるならやりましょう。

でも正直私は「自分を追い詰めるほどやる意味があるのかな?」って思います。

本帰国後に英語を使って仕事をしたい!というモチベーションがあるならいいです。

私の場合は英語勉強したって全く仕事には関係ありません。

どうせ3年、5年で帰るなら、無理してまでやる意味ないなって割り切りました。

もちろん自分の気持ちが向いているときは存分にやりましょう!

それでアメリカ生活が楽しくなるなら最高です!!

ただ、『そんな人ばかりじゃないよ』ってことが伝えたいんです。

英語を頑張り過ぎて気持ちが保てなくなるぐらいなら、逃げたってよくないですか?

英語から逃げたら負け組?

英語できなかったら生きていけない?

そんなことありません。

 

誰のために何の為にアメリカに来たの?

 

あなたは何のためにアメリカについてきましたか?

私は家族を支える為です。

家族と一緒の時間を過ごす為です。

毎日あなたが暗い顔をして愚痴ばっかりこぼしていて、あなたの家族は喜びますか?

私も最初は本当に辛くて「アメリカになんて着いてくるんじゃなかった」

「日本に帰りたい」って何度も思って泣きました。

誰も帰ってこない家で一人で赤ちゃんと生活する日々は本当に苦しかったです。

夫に愚痴をこぼして泣いては後悔する毎日でした。

そして夫も仕事と家庭でのストレスでどんどん疲れていきました。

そんなとき…

私は夫に「こんなに頑張ってるのに!」って自分の気持ちをぶつけました。

そして夫からは「頑張ってほしいだなんて一言も言ってない」という衝撃の一言(笑)

でもたしかに、夫は私に英語力なんて求めていませんでした。

家事も完璧にしなくてもいい。

「育児も大変なの分かってるから手抜きしてくれていいんだよ」

そう言われて、ただ私が勝手に頑張っていただけなんだって気がつきました。

そして、頑張ることをやめました。

ふっと、『諦めよう』って思ったんです。

『もう頑張るのやめよ』って。

周りから見たら妻としては失格かもしれません。

でも、それは誰の価値観ですか?

家族が幸せに笑って過ごせるなら、周りからダメ妻レッテル貼られてもよくないですか?

私は夫に「頑張らなくてもいい」と言われて『頑張る』ことをやめました。

英語も気が向いたときにやればいい。

話せなくたって、事前に言いたいことを考えて練習してから家を出れば大抵のことはなんとかなりました。

家事も育児も適当(適度)でいい。

無理して自分を苦しめることはもうやめよう。

自分の気持ちが楽しくなることをしよう。

こんな風に自分の気持ちを受け入れて、自分の心に寄り添ったことで

私の気持ちはずいぶん軽くなりました。

 

人と比べるのはやめて自分を受け入れる

『自分の気持ちに寄り添うこと』とセットで大切なことです。

自分がどうやったらハッピーに過ごせるのか。

自分にとって心地いい環境や空間はなにか。

それを考えて実践するときに、決して人と比べてはいけません。

「あの人はあんなに頑張ってるのに…」

「私はこんなこともできない」

そんな考えは不要です。

みんな一人一人持ってる性格や能力は違います。

海外生活が合う合わないだって当然あります。

それなのに人と比べてもどうしようもありません。

比べなくて大丈夫。

人と比べるのではなく、今の自分を受け入れてあげましょう。

そして今この状況でも「私がんばってるな」って自分を褒めましょう。

「いやいや、私なんて何も頑張ってない…」

そんな風に思ってしまう気持ちも分かります。

でも夫の海外赴任についてきて、身内も友達もいない土地で毎日過ごしていることが

もうすでに頑張っていると思えませんか?

海外に帯同しない選択をした人だっているんです。

家族で同じ時間を過ごす為に海外についてきたあなたは十分頑張っています。

そのことに誇りを持ちましょう。

実際に行動に移せること

 

アメリカ生活に疲れた人に伝えたい6つのこと。

先ほどは『心のありかた』について話しをしましたが、

次は実際に行動に移せることについて説明していきます。

小さなことを楽しみにする

なんでもいいから『楽しみ』を見つけましょう。

小さな小さな楽しみでいいんです。

例えば私なら「今日はデザートにケーキを食べるぞ」とか(笑)

来週は大好きな友人に会える!

もうすぐイースターだから家をデコレーションしよう!

なんでもいいから、自分の気持ちが上がることを楽しみにしましょう。

もしなければ作りましょう!

「明日は1日中家に引きこもって日本のお笑い番組を見る」でもOK!

買い物、旅行、ランチ、あなたがすると楽しいことはなんですか?

少しでも気分の上がることを予定に盛り込みましょう。

そうすることで、気持ちが下がっている時期もいつの間にか過ぎていきます。

 

小さな目標を立てる

やっぱり人は目標があると生活にメリハリがでます。

だけど大きすぎる目標ではなく、できるだけ達成しやすい目標にすることがコツです。

私の場合は「一人で買い物に行く」から始まり、

「一人で図書館にいって本を借りる」「車の免許をとる」

「日本に手紙や荷物を出してみる」

こんな感じで日本では当たり前にできていたことばかりでした。

こんなのが目標?

はい、立派な目標です!!

こんなことすら海外でやるのって怖いんです。

海外慣れしてる人ならなんてことないかもしれません。

でも私には一つ一つがハードルが高かった。

こんな小さな成功体験を繰り返しながら、自分に自信をつけていきました。

「初めて自分から挨拶できた!」

「初めて一人でファストフード店に行って注文ができた!」

「初めてドライブスルーに成功した!」

あの時の嬉しかった気持ち、今でも忘れません。

周りになんと言われようと、できた自分を褒めてあげてください。

そして、また小さな目標を立てましょう。

そうしているうちに、きっと自分に自信が持てるようになっていきます。

 

気持ちを吐き出せる場所をつくる

これもかなり重要なことの一つです。

自分の不満や不安な気持ちを誰かに吐き出せていますか?

夫や日本にいる家族、友人に話せているでしょうか?

海外の日本人社会は狭いです。

同じ地域の人に誰かのことを話すと一瞬にして広まってしまう危険性があります。

だからと言って、誰にも話せずに心に溜めておくのもしんどい。

夫や日本にいる家族が話しを聞いてくれたり、心の許せる友達がいると発散できるかもしれませんが、そんな人ばかりではありません。

私のお勧めはSNSを活用することです。

ブログでもTwitterでもなんでもいいです。

匿名であなたの気持ちを吐き出せる場所を作ってみてください。

同じ悩みをもつ人から共感してもらえたり、同じような環境で頑張る仲間を見つけることができます。

明るく前向きなキラキラした投稿なんてしなくてもいいです。

本音を出せる場所を一つ作っておくと、とても気持ちが楽になります。

 

気持ちを楽にする言葉

 

アメリカ生活に疲れた人に伝えたい6つのこと。

『気持ちのあり方』そして『実際に行動に移せること』を伝えました。

最後は私の気持ちを楽にしてくれた言葉をシェアしたいと思います。

自分にとって心の支えになる言葉を思い出す

日本でアメリカ駐在が決まったときに周りからは

「こんな小さな赤ちゃんを連れてアメリカに行くなんて無理だ」

と言われたことがありました。

私も勿論不安で仕方なかったです。

そんなとき、職場の先輩が私に言ってくれたのが

「本当に帰りたくなったら、旦那なんて置いて帰ってきたらいい」

という言葉でした。

私にはこの言葉がスッと入ってきて、「そうだ。無理だったら帰ればいい。」

そんな風に前向きに気持ちを切り替えることができました。

無理して心がボロボロになる前に、家族が崩壊する前に、本当に無理だったら日本に帰ればいいんです。

一時帰国するだけでも、気持ちが楽になるかもしれません。

実際に会社関係の奥様や友人で、アメリカが合わなくて日本に帰った人もいました。

長めの一時帰国をする人もいました。

心が蝕まれる前に自分で自分を救ってあげてください。

「本当に無理なら帰ればいい」

そんな風に思いながらも、自分の心に寄り添いながら過ごしていくうちに

辛い時期は過ぎていきました。

あなたにも心の支えになる言葉はありませんか?

辛くなったときはそんな言葉を思い出してみてください。

もし何も思いつかない…という人は

今回わたしがシェアした言葉を思い出してくださいね。

アメリカ生活を少しでも楽しく楽な気持ちで過ごす方法

 

もう一度伝えます。

アメリカ生活に疲れてしまった方。

そしてアメリカ生活が辛くて日本に帰りたいと思っている方。

この6つを意識してみてください。

どれか一つでもいいです。

  • 自分の気持ちに寄り添う
  • 人と比べるのはやめて自分を受け入れる
  • 小さなことを楽しみにする
  • 小さな目標を立てる
  • 気持ちを吐き出せる場所をつくる
  • 自分にとって心の支えになる言葉を思い出す

 

辛い時期がずっと続くわけではありません。

「疲れたなー」と感じるときは自分をいたわって少し休憩してください。

自分の心地よい環境に身を置くことで、心も軽くなるはずです。

そうして、少し元気になったら、また動き出せばいいんです。

私もこれを繰り返すうちに、自分の気持ちを安定させられるようになっていきました。

自分の機嫌は自分で取りましょう!

あなたの笑顔が家族の笑顔に繋がるはずです。

 

アイキャッチ画像駐在妻辞典
【駐在妻用語一覧】ちゅうづま?スライド?ヒエラルキー?駐妻用語を一挙公開!夫の海外赴任が決まり、アメリカ駐在妻になって初めて知った”駐妻”という言葉。渡米して過ごしていくうちに知った駐在ワードを一挙公開!!...
アイキャッチ画像の地球儀を持った女性
【見なきゃ損!】涙あり笑いあり⁉︎お勧めアメリカ在住ブロガー4選育児中アラサー主婦が選ぶおすすめのアメリカ在住ブロガー4選! 笑いあり涙あり、元気をもらえるブログを紹介しています。 私が普段お世話になっている一押しのブロガーさん達です。...
ABOUT ME
nana
初めまして! ブログ管理人のnanaです。 アメリカ在住のアラサー主婦。 ちょっと人見知り。英語できない。家事も苦手。基本的にぼっちで自宅警備員やってます(笑)リアルなアメリカでの生活模様や教育での悩み、お得情報を共有したいと思ってブログを始めました。令和もよろしくお願いします!