渡米準備

【アメリカ駐在準備】プレママ・乳幼児連れにおすすめのベビー用品リスト

アイキャッチ画像ベビー用品リスト

今日は乳児・幼児連れでの海外赴任準備リストをアップしていきたいと思います。

私自身も生後3ヶ月の子供を連れて渡米したので、子供のことが一番気がかりでした。

ただでさえ初めての育児で不安なのに、住んだこともない海外で本当に自分が生活していけるのか心配で仕方なかったです。

少しでもアメリカで生活がスムーズにいくように、日本にいるうちにしっかり準備をしましょう!

この記事は当時の私に教えてあげたかったことをまとめています。

同じような境遇のママさんに参考になれば幸いです。

日本から持っていくべきベビー用品

 

日本から持ってきた方がいいものをリストアップしました。

渡米予定のプレママもチェックしてね!

⒈ガーゼ

赴任地にダイソーがある場合はダイソーでも購入できます。大きなサイズ(沐浴用)のガーゼなどはないので、これも日本で買ってきたほうがいいです。

⒉赤ちゃん用綿棒

アメリカには売っていません。普通の綿棒もゴワゴワしています。大量に持っていきましょう。余ったらネイルやメイク直しに使えます。

⒊体温計

アメリカでは体温計の表示が華氏 (°F) なので、日本製の摂氏 (°C) 表示のものの方がいいです。我が家ではオムロンの体温計を愛用しています。

OMRON MC-682 オムロン 電子体温計(わき専用) けんおんくん MC682 体温計 送料無料 【SK02410】

⒋離乳食関係のグッズ

アメリカでは市販の瓶詰めやチューブの離乳食を買って食べさせているママが多いです。

日本人のように細かく作ったりしていないので、離乳食の調理グッズは一式持ってきた方がいいでしょう。

ピジョンの調理セットを購入しましたが、一人目のときも二人目のときもかなり重宝しました。

離乳食用調理セット【7点セット】ピジョン Pigeon離乳食 調理 お食事【HLS_DU】

⒌製氷皿

製氷皿はアメリカにも売っていますが、蓋つきのものが少ないです。

離乳食をまとめて作って、製氷皿に入れて冷凍すると便利なので必要があれば日本で買っていかれるといいと思います。

⒍ベビー用の食事用品とマグ

お皿やスプーンはこちらでも購入できますが、こだわりがある場合は持っていきましょう。

マグはありますが、日本の物の方が機能的な感じがしました。

出産祝いでいただいたコンビのベビーマグがとても良かったです。

お食事エプロンはアメリカにも売っています。外出時に便利な使い捨てエプロンも$1ショップで買えますよ♪

⒎歯ブラシ関係

赤ちゃん用の歯ブラシや歯磨きジェルも日本で買っておいた方がいいです。

アメリカは歯ブラシの柄が大きいのと、日本のように段階分けされていません。

歯固めやおしゃぶりは沢山種類がありますが、こだわりがあれば持参を。

幼児用の歯ブラシもサイズが大きいので、アンパンマンの歯ブラシを大量に購入していきました(笑)

歯磨き粉は子供用のフルーツ味のものがアメリカにも売っています。

オーガニック製品もあり、種類が豊富です。

⒏絵本

日本語の絵本をとにかく沢山購入していきました。

補習校に入れば図書館が利用できる学校もありますが、幼児の間に本をたくさん読ませたい方は日本で買っていかれた方がいいです。

日本人の多い地域なら、ガレージセールで絵本が安く売り出されていることもあります。

⒐知育グッズや勉強ドリル

2、3歳のお子さんなら平仮名ドリルなどのお勉強グッズも日本から持参を。

うちの子はアンパンマン大好きだったので、この知育玩具がかなり役立ちました。

アガツマ アンパンマン カラーキッズタブレット アンパンマンカラ-キツズタブレツト [アンパンマンカラ-キツズタブレツト]

平仮名、カタカナ、数字に英語、音楽、挨拶が入っています。

音声は出ませんが、電池不要のこちらのオモチャも長く使えそうでいいなぁと思いました。

今は本もネットで買える時代ですが、やはり送料が高かったり割高なので日本で買っておいた方がいいと思います。

 

10.粉ミルク

もし今使っている粉ミルクがあれば、まとめ買いをしてもいいと思います。

ただし、引っ越し荷物には入れられないので手荷物で持っていかないといけません。

私もスーツケースにミルク缶を入れて持っていきましたが、X線検査で中身がなにか聞かれただけで「粉ミルク(baby formula)」と言えば問題なく持ち込めました。

 

11.オムツ

オムツは荷物に隙間があればクッション材として入れてもいいと思います。

が、アメリカでも普通に買えるので大量に持って行く必要はないかなと。

日本で有名なパンパースも売っていますが香り付きのものがあるので注意しましょう(笑)

無香料のものがあるので、そちらがいいと思います。

【Pampers Swaddlers Diapers】

パンツタイプのオムツは2歳からのサイズが売っています。

【Pull-Ups Learning Designs Training Pants 】

TargetやWalmart、Costcoで購入できるよ。 

お尻拭きも沢山種類がありますが、オムツと一緒で無香料のものを選んだ方がいいです(汗)

匂いがきつすぎてビックリしたことがあります…。

駐妻の裏技

オムツを大量に持ち込みたいなら、布団の圧縮袋に圧縮して持ってくるといいです。6箱分買っても、圧縮してダンボール2箱に収まります♪

 

12.アイス枕と熱さまシート

子供が熱を出したときのお供にアイス枕と熱さまシートも日本で購入されるといいと思います。

アメリカでも買えますが、アイス枕はペランペランでした…。

あと熱さまシートも質が悪くて剥がれやすいうえに、かなり高いです(泣)

日本に帰るたびに『アンパンマンのお熱とろ〜ね』を買っています。

普通の熱さまシートは冷たくて嫌がったのに、アンパンマンというだけで喜んで貼るから凄い。

 

13.離乳食

旅行時に便利な離乳食もいくつか持っていきました。

これも食べ物なのでスーツケースに入れる必要があります。

14.前開きのベビー肌着

アメリカは可愛いベビー服が安く購入できます!

ですが、前開きの肌着や服は日本の方が種類が多いので首が据わる前の赤ちゃんなら持ってきた方がいいと思います。

とくに、前開きの肌着がアメリカにはありません。

こういうタイプの肌着は必要なら多めに持ってきましょう。

【1点までメール便可】オーガニックコットンベビー 新生児 5枚組 肌着セット RNB-1

15.爪切りハサミ

アメリカの爪切りハサミもありますが、日本のハサミの方が切りやすいです。

我が家ではこれを愛用しています。

【ゆうメール便!送料80円】ピジョン ベビーつめきり ハサミ (ベビー 爪切り 赤ちゃん)

16.鼻水吸引器

アメリカの鼻水を吸引するものは手でシュポシュポ吸い取るタイプで全然吸えないし、衛生的にも良くないので、日本での購入をお勧めします。

以前は口で吸うタイプの鼻水吸引器が多かったですが、最近は電動のものが主流ですね。

赤ちゃんの鼻づまりは本当に可哀想なので、家庭に一つは合った方がいいです。

日米どちらで買ってもいいもの

 

ベビーカーや食事テーブルは日本のものが良ければ、日本で購入。

規定の荷物の量を考えて決めるといいと思います。

私はベビーカーのみ飛行機に持ち込みました。

手荷物とは別でベビーカーは預かってくれます。

小さくて軽いものなら日本のがオススメ。

アメリカのベビーカーはお洒落で機能的なデザインのものが多いですが、少し大きくて重たいです。

 

アメリカで買った方がいいもの

 

カーシート(チャイルドシート)はアメリカで準備しましょう。

なぜならアメリカの安全基準をクリアしたカーシートでないと法律違反になるからです。

日本製のものでもアメリカの基準をクリアしているものなら大丈夫ですが、有効期限などもある為、アメリカで購入されたほうがいいと思います。

米国の安全基準であるFMVSS 213規格で認証されたチャイルドシートを購入しましょう。日本の安全基準とは異なります。

私は日本にいる間だけレンタルしていました。

新生児期は外を出歩くこともほぼないし、すぐに渡米だったのでレンタルがちょうど良かったです。

もしくは、日本でも購入して一時帰国用に実家に置いておくのも一つの手です。

私は買わなかったので、一時帰国するときはレンタルしています。

アメリカのカーシートはネットで調べてAmazonで購入しておきました。

乳児期から6歳頃まで形を変えて長く使えるカーシートがお勧めです。

我が家もまだ現役で使っています!

【Graco 4ever 4-in-1 Convertible Car Seat】

 

不安なら持っていく

 

以上が日本で買った方がいいもの。アメリカで買ったほうがいい物でした。

子供に関することは不安なら日本から持って行った方がいいと思います。

やはり使い慣れている方がストレスないですし、周りのママがオススメしている物を日本で買ってきてもいいでしょう。

また思いついたら補足する予定でいます。

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき有難うございました。

予防接種に関しては渡米準備のまとめ記事にして記載しています。

アイキャッチ画像アメリカ駐在渡米準備マニュアル
【渡米準備】アメリカ駐在の方必見!持ち物や段取りを詳しくチェック!アメリカ赴任が決まり、渡米準備について調べ続ける毎日。 なにを持っていけばいいのか分からない。 何から手をつけたらいいのか分からない...
アイキャッチ画像アメリカの学年
【アメリカの教育制度】日本の学校との違いは?アメリカでの学年や年齢について知りたい! アメリカと日本の教育制度の違いについて紹介しています。学年の把握の仕方や年齢の区切り、学年の呼び方など。義務教育課程の一覧表でお子様の年齢と学年を確認してみてください。...
ABOUT ME
nana
初めまして! ブログ管理人のnanaです。 アメリカ在住のアラサー主婦。 ちょっと人見知り。英語できない。家事も苦手。基本的にぼっちで自宅警備員やってます(笑)リアルなアメリカでの生活模様や教育での悩み、お得情報を共有したいと思ってブログを始めました。令和もよろしくお願いします!