アメリカ生活

【アメリカでの一ヶ月の生活費】4人家族で生活するにはいくら必要?

アイキャッチ画像アメリカでの生活費

日本からアメリカに来て心配だったことの一つに『生活費』がありました。

海外で暮らすって一体どのくらいお金がかかるんだろう?

日本でも地域が変われば食費や家賃などの物価ってけっこう違いますよね。

正直言って、やはり日本に比べると物価が高いです。

我が家の毎月の平均支出額は約$6,000。

日本円にすると約66万円((((;゚Д゚)))))))

なんか凄い金額に思えますが、内訳を見てもらえたら「なるほどー」と思ってもらえるかと思います(汗)

今日は我が家を例に家賃や食費などの生活費がいくらかかっているのかを公開します。

以下が我が家の条件となります。

  • 住んでいる地域:アメリカ中西部
  • 家族構成:4人家族(子供は小学生と未就学児)
  • 車2台所有

アメリカでの一ヶ月の生活費(固定費)

アメリカでの生活費。

まずは毎月必ずかかる費用から説明していきます。

家賃

我が家はアメリカにきて中西部内で2回引っ越しをしています。

家賃は都会か田舎でかなり違ってきますが、どこも中心部ではなく郊外でしたので似たり寄ったりの金額でした。

パターン①

  • 3ベッドルームの平屋の一軒家。
  • サニールームがついていて庭もフェンスで囲まれており広い。
  • ガレージ2台分。
  • 築年数かなり古め
  • 閑静な住宅街
  • 周りにお店がなく若干不便
  • 教育レベルはエレメンタリーが7
  • ほぼ白人しか周りに住んでいない

この条件で月々$1,900(約208,900円)…光熱費含まれず

 

パターン②

  • 4ベッドルーム二階建ての一軒家。
  • ウッドデッキ付き庭付き。
  • ガレージ2台分。
  • 築年数はまぁまぁ古め。
  • 閑静な住宅街でけっこう良いエリア(豪邸多し)
  • スーパーやドラックストア、学校までかなり近い
  • 教育レベルはエレメンタリーが8
  • 白人が多いが日系の駐在ファミリー、中国人も住む。

この条件で月々$2,400(約263,800円)…光熱費含まれず

 

パターン③

  • 3ベッドルームのタウンハウス
  • 小さめの裏庭あり
  • ガレージ1台分。
  • 築10年
  • 閑静な住宅街
  • 学校は近いがスーパーまでやや距離あり
  • 空港に近い
  • 教育レベルはエレメンタリーが7
  • アジア人率がかなり高い(アジア人7:白人3)
  • メンテナンスフリー(芝刈り雪かきなし)

この条件で月々$2,100(約231,000円)…光熱費含まれず

 

家の条件(部屋数やガレージの有無など)でも家賃に差がでますが、住むエリアの教育レベルも家賃に大きな影響を与えます。

4人家族なら我が家と似たような条件になるはず♪

住宅情報サイトを見ていても『中西部で郊外』という条件なら

だいたい$2,000前後(約22万円)が多いかなという印象です。

シカゴのダウンタウンのような大都会の場合は1ベッドルームでも$2,000超えてくるので、どの地域に住むのかがとても重要になってきます。

駐在ファミリーの場合は日系スーパーや日本語補習校に近い地域(郊外)に密集していることが多いです。

 

食費

4人家族(10歳以下の子供が二人)の我が家の場合

月々の食費が$700〜$1,000(約7.5万〜11万円)ほどかかります。

外食代は含まれていません。

日本では月4万円ほどの食費だったので、家族が増えたとはいえ軽く2倍。

これは日系食品を買うことが多いせい…汗

食料品は日本のものを買おうと思うと、2倍3倍はします。

振り幅が大きいのも調味料を買うと一気に食費が跳ね上がるからです。

それでも「納豆が食べたい。」「お魚が食べたい。」

「日本のお菓子が食べたい。」

となると、買ってしまうことが多いです。

ただでさえストレスが多い海外生活。

食事ぐらい日本と同じように好きなものを食べたい!

ここは工夫次第で費用を抑えることができますが、我が家のように週1ペースで日系スーパーへ買い物にいく場合は、このぐらいの金額がかかるかと思います。

 

ちなみにアメリカの家庭での食費予算推定学を表したのがこちらの表。

アメリカの食費予算推定額

4段階の節約レベルに分かれています。

意外にも我が家『moderate cost plan』でした。

やっぱりアメリカは物価が高いから家族がいるとこのくらいかかるのかな。

 

水道光熱費

中西部に住んでいる場合、冬場の光熱費が高くなります。

我が家の場合は平均すると月々$300(約3.3万円)ほど。

夏場は$200ちょっとしかかからないとしても、冬が寒いので$300〜$400と振り幅があります。

家が広くなればそれだけ光熱費が高くなるよ。

4ベッドルームの一軒家に住んでいたときはガス代だけで冬場に$300近くになったこともあって、かなり怯えていました(笑)

家によってはすでに家賃に光熱費が含まれていたり、契約時に交渉して光熱費を入れてもらうことも可能です。

 

日用品費

トイレットペーパーやティッシュ、各種洗剤、シャンプーや衛生用品などは『日用品費』の項目に入れています。

(私が使う基礎化粧品代やコスメは自分のお小遣いで買っています)

アメリカは紙製品がとくに高いです。

いつもCostcoで購入していますが、我が家では月$100前後(約1.1万円)使います。

 

ガソリン代

車は1台はファミリーカー、もう1台は社用車で夫が仕事で使っています。

ガソリン代やメンテナンス代がかかるのは自分たちで買ったファミリカーだけ。

普段、私が買い物へ行ったり子供達の習い事の送迎に使うくらいなので

月に$100以内(約1万円)で収まります。(洗車代込み)

地味に洗車代がかかるよ(汗)

うちのエリアは自分の家で洗車をするのは禁止されているので、カーウォシュに持っていかなければいけません。

車の保険は1台分で月々$120(約1.3万円)ほど。

 

通信費

ネットはアメリカ大手のcomcastで契約しています。

ネット代だけで月々$85(約9,400円)もします…。

日本に比べるとかなり高い気がする…。

ちなみにTVの契約はしていません。

アメリカはテレビを見るのにも契約して料金を支払います。

携帯はT-Mobileで2台で月$130。(約14,300円)

夫は会社からもiPhoneを支給されているので、個人の携帯はそんなに使ってないんですよね。。

もう少し費用を抑えたいのでSIMフリーの格安プランにしようか検討中です。

 

教育費

義務教育課程の子供であれば公立だと無料で通わせることができます。

アイキャッチ画像アメリカの学年
【アメリカの教育制度】日本の学校との違いは?アメリカでの学年や年齢について知りたい! アメリカと日本の教育制度の違いについて紹介しています。学年の把握の仕方や年齢の区切り、学年の呼び方など。義務教育課程の一覧表でお子様の年齢と学年を確認してみてください。...

 

たまに学校のランチを頼んだりするとお金が発生しますが、うちは基本的にお弁当です。

カフェテリアで朝食を食べることもできるよ!

お弁当以外には毎日スナックタイム用にフルーツやヘルシースナックを持たせています。(食費に計上)

教育費は無料ですが、学校から寄付のお願いがあるときは積極的にしています。

 

アイキャッチ画像アメリカの学校の寄付
アメリカの学校は寄付が当たり前?いろんな『Fundraiser』の形アメリカの学校の寄付『Fundraiser』について紹介しています。寄付文化のアメリカでは様々な方法で募金を募るのですが、その方法がユニーク。最初は戸惑うこともあった寄付ですが、最近はすっかり生活に馴染んできました。...

アメリカでの一ヶ月の生活費(その他)

アメリカでかかる生活費で固定費以外にかかるものをあげていきます。

外食費

アメリカは外食費が高いです。

家族4人で一回外食するだけで$100近くはします。

日本にいた時に比べると外食する機会が減りましたね…

交際費

付き合う人やコミュニティが増えるほど、交際費がかさみます(汗)

歓迎会や送別会、誕生日会、ベビーシャワー、お茶会、ホームパーティーなど。

日本にいたときよりも〇〇会という名前のものが多いです。

駐在妻はこのお付き合いに疲れてしまう人も多いんですよね…。

多いときは月に$200〜$400ぐらいかかることもあります…。

あまり交流がない人であれば断る勇気も必要です。

 

教育費(プリスクール・日本語補習校)

先ほど義務教育課程での教育費に触れましたが、それ以外での教育費について。

プリスクール(日本でいう幼稚園)はかなり高額なイメージです。

毎日フルタイムで預けるとなると$1,000は超えてくると思います。

アイキャッチ画像プリスクール
【プリスクール】費用や持ち物、みんなが気になる7つの疑問!アメリカのプリスクール(幼稚園)について説明しています。何歳から入れるのか、費用はどのくらいかかるのか、持ち物やお弁当についてなど。みんなが気になる7つの疑問に答えています。...

 

また日本語補習校も一人当たり年額$2,500ほど。

これも地域や補習校の大きさによって金額が違いますが、我が家が通わせたことのある2校はどちらともこのくらいの金額でした。

アメリカで家族4人の生活費

 

上記であげたような項目以外にも我が家でかかるものがあります。

  • レジャー代
  • 夫婦二人のお小遣い
  • 子供の習い事
  • 被服費
  • 美容院代

全部の支出を合わせると平均で毎月$6,000(約66万円)ほどの支出額。

家賃と食費だけで約$3,000も占めているのが大きいね。

あとはプリスクール代と補習校代がかなり家計に打撃を与えています(泣)

決して贅沢をしているような感じはしないのに、アメリカで暮らしていくってお金がかかるなぁとしみじみ思います。

これ以外に急に医療費が必要になると、平気で$1,000、$2,000と飛んでいくのがアメリカの怖いところ。

さらには「アメリカにいるうちに旅行もしておきたい!」と思うと、思ったほど貯金はできないかもしれません(汗)

お金をセーブするところと、使うところのメリハリが必要だね!

もちろん地域によって住宅事情や物価は違います。

なんとなくでも生活イメージがつけば嬉しいなと思って公開してみました。

以上、アメリカでの4人家族の生活費でした。

 

アイキャッチ画像アメリカ駐在渡米準備マニュアル
【渡米準備】アメリカ駐在の方必見!持ち物や段取りを詳しくチェック!アメリカ赴任が決まり、渡米準備について調べ続ける毎日。 なにを持っていけばいいのか分からない。 何から手をつけたらいいのか分からない...
アイキャッチ画像ショッピング
海外在住者こそチャンス!?フリマアプリで売れるものまとめ。海外在住者必見!フリマアプリで売れるものまとめ。一年間で35万円売り上げた私の体験談をもとに売れる商品、売れない商品を紹介しています。一時帰国中のお小遣い稼ぎにもってこい!!...
ABOUT ME
nana
初めまして! ブログ管理人のnanaです。 アメリカ在住のアラサー主婦。 ちょっと人見知り。英語できない。家事も苦手。基本的にぼっちで自宅警備員やってます(笑)リアルなアメリカでの生活模様や教育での悩み、お得情報を共有したいと思ってブログを始めました。令和もよろしくお願いします!